丹後は美術館 海辺のうまし宿とト屋/丹後半島・間人(たいざ)-間人蟹料理と地魚料理- International Tourist Minshuku
宿泊プラン
日帰りプラン
お電話でのご予約 TEL.0772-75-2639
Totoya foreign website

今は昔「とト屋」

top-image.gif


■古代、海の駅としての立岩

 山陰海岸ジオパークは大陸の一部であった日本列島が今日の姿になるまでの経過を地質学的に分かりやすく示し、その痕跡が色濃く残ってる地域です。
 2500万年前までは日本海は存在せず、その後、日本列島が大陸より切り離されることにより、日本独特の地質・地形、気候が生まれました。その営みの中で現在の私たちの生活や文化が成り立っています。美しい丹後半島の自然景観や海・山の幸など、私たちに潤いと豊かさを与えてくれています。この環境は人類だけが創り上げたものではありません。そのことを学ぶ絶好のチャンスです。是非、海から見る自然の造形を体感して頂き、私たちが誇れる豊かで美しい地域であることを再認識してもらえたらと思います。
 また、丹後には多くの古墳群があり、貴重な出土品が発見され、古代から大陸との交流が盛んであったたことが伺えます。大陸から日本海を往来する時、まず目に留まったのは丹後の奇岩、「立岩」でしょう。この岩は竹野川の下流に位置し、柱状の割れ目を持つ黒っぽい岩で、古代のシンボルとしてこの岩をめがけて古代の旅人は船を走らせ、竹野川上流に向かったのでしょう。そして、この「立岩」は大江山鬼伝説の最終舞台にされていて、近くにある竹野神社に遺る[紙本著色大明神縁起]にはこの「立岩」に鬼を封じ込めた話が記載されているそうです。

       
とト屋を選ぶ6つの理由   宿泊プラン 日帰りプラン 宿泊日からプラン検索