心をほどく体験と心が躍る蟹と魚 海辺のうまし宿とト屋/丹後半島・間人(たいざ)-間人蟹料理と地魚料理- International Tourist Minshuku

宿泊プラン
日帰りプラン
お電話でのご予約 TEL.0772-75-2639
宿泊日からプラン検索
宿泊日からプラン検索
 
とト屋が選ばれる6つの理由 - 丹後半島・間人(たいざ) うまし宿とト屋
京丹後龍宮の玉手箱 - 丹後半島・間人(たいざ) うまし宿とト屋
旅色に紹介されました
とト屋ブログ - 丹後半島・間人(たいざ) うまし宿とト屋
女将ブログ - 丹後半島・間人(たいざ) うまし宿とト屋
 

新着情報

とト屋オリジナルプラン!丹後の「青の洞窟」へようこそ♪♪

00038 (2).jpg関西ウォーカーとコラボレーション!

とト屋オリジナルプランで、夏の思い出を最高に過ごしましょう!

神秘の世界へ ようこそ!!

丹後の海で、「青の洞窟体験」

カップルでご夫婦で...もう一度「愛」を確かめ合う❤❤❤

大切な時間を大切な人と乗りたい......

とト屋ならではの体験プランあり。「青の洞窟体験付きプラン」

大人2名一室1名あたり → 23800円


♪♪♪ 愛の聖地「結婚成就」報告で再来時、姿造りプレゼントします。(*^^)v 女将まで連絡してくださいね。(*^^)v

ご予約は、こちらから →  http://totoya.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do

NHK World 「Beauty Joumey」の放送が始まりました!

無題.jpg2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、こちらから、ご覧下さいませ(^_-)-☆ 

http://www.jibtv.com/programs/beauty_journey

とト屋「とび丸タクシー」で丹後をの海を満喫しよう!

丹後の『青の洞窟コース』で丹後の夏を楽しもう!』

女将と漁師さんのコラボの新企画です。神秘的で美しく、宇宙を感じる不思議な世界へご案内します。
■期間:7月・8月(海が穏やかなとき) ■約1時間程度 ■出港場所:竹野漁港
■乗船料金:仕立て(定員3名)◆2名までは一回出港10,000円◆3名はお一人様4000円

aonodoukutu.jpg 
 
 
 


 
 
 
 
 
 





丹後の海を飛び跳ねる!丹後の海から多種多彩な岩石海岸を体感!『遊覧コース』
■期間:4月~10月(海が穏やかなとき) ■約1時間程度
■出港場所:中浜漁港・竹野漁港・間人漁港
■乗船料金:全コース共 ◆大人3,000円 ◆小人1,500円

中浜漁港のみ出港 『小魚釣り体験』

■小魚釣り体験【中浜漁港のみ】※遊覧なし
乗船料金 + 竿代1竿1,500円

ほんまもん体験・竹野漁港出港 『早朝の朝日』『定置網体験』

【4月~9月】
■朝日&定置網(早朝5時出港) ◆大人4,000円 ◆小学生以上2,000円
 ※獲れた魚を少しお持ち帰りできます。

■青の洞窟めぐり ◎1回出航料金 ◆2名様まで10000円 ◆3名様は1人4000円

 

4月~6月中旬[海が穏やかな時]早朝5時出港。
感動の朝日を海から見よう!!

丹後町・竹野漁港から出港「第五公栄丸」朝日&定置網で感動と桜鯛をゲット。
漁師さんの桜鯛漁に同行し、定置網漁を体験。
獲れた桜鯛は、朝食にて贅沢に"活き造り"でお召し上がり頂けます。

4月~9月中旬 [海が穏やかな時]
「遊漁船とび丸タクシー」出港!海から見る丹後。

中浜漁港、竹野漁港、間人漁港から出港します。
     
山陰海岸ジオパークに認定された、数々の岩石を海からご覧頂けます。
運?が良ければ"イルカ"に出会えるかも

7月~8月 中浜漁港より出港

「小魚釣り体験」乗船料金+一竿1,500円
たくさん釣れると、家族も笑顔に。丹後の夏の想い出に...

 

「楽天トラベル」ページをリニューアルしました(^_-)-☆

丹後の海をまるごと体感「とび丸タクシー」

とト屋と関西ウォーカーがコラボレーション!
この夏おすすめの「とト屋×とび丸タクシー」の紹介です。
関西ウォーカー特集デスク「藪伸太郎」とそのファミリーが行く「魚釣り体験」や「青の洞窟大冒険」の楽しさ、驚き、感動を動画でお届けします!

関西ウォーカー特集デスク薮伸太郎さんのページでは、とト屋の紹介されています! 
地元漁師&漁船で遊覧。世界ジオパークの「青の洞窟」へ!

外国人の目線での丹後観光レポートも
また「ビックリ日本」は、日本在住の外国人が自ら、日本に来てビックリした体験を紹介したり、話題になっている話をもとに現場を取材!
台湾の小説家・張維中(ちょう いちゅう)が出演する台湾・中国むけネット観光レポート番組「張維中の日本丹後我来了!」もご覧いただけます。
 

P-CUBEページ
KansaiWalkerコラボレーション動画企画! 遊漁船とび丸タクシーで丹後の海をまるごと体感!

大地は器(山陰海岸ジオパーク)

古代から人は美しいと感じる自然の風景を絵やかたちにして残してきました。その中には今、観られなくなった鳥や動物や風景などを「美」という概念によって後世に伝えてきました。それは人と豊かな自然が対面する瞬間でもあります。先人の観た風景が丹後半島にはあります。自然は芸術、丹後半島にはまだまだ体感出来る風景があります。「丹後自然美術館」に是非お越し下さい。